ホワイトグリント/V.O.B

ラインアーク ホワイトグリント&V.O.Bセット ムービーカラーVer.

(制作日:2011年3月頃)

 

ホワイトグリントは、「アーマード・コア フォーアンサー」というPS3のゲームに出てくる架空のロボットです。

 

このホワイトグリントが超巨大兵器のアームズフォート:スピリット・オブ・マザーウィル(なんと2400m!)と戦うオープニングムービーがまあ、リアルでカッコよかったですね。

 

 

ACFA画像

写真は出撃する所。

 

 

このホワイトグリント、V.O.B(ヴァンガード・オーバードブースト)を付けた状態で飛行形態に変形します。

 

まあ、ナインボール=セラフとか、Zガンダムみたいに 大きく変形する訳ではないのですが。

 

頭が引っ込んで、体が伸びる感じです。

 

 

ACFA画像

頭が引っ込む所。

 

ACFA画像

飛行形態で飛び立つ所。

 

 

ACFA画像

ACFA画像

↑のように、キズや汚れもリアルでカッコイイですね。

 

 

ACFA画像

ゲーム中のホワイトグリント。

 

ゲーム中は実際、こんな感じで出てきます。

 

ゲーム進行によって敵、味方にもなりますが、結局は破壊されます。。。

 

 

このホワイトグリントとヴァンガード・オーバードブースト(V.O.B)がセットになったプラモデル・ラインアーク ホワイトグリント&V.O.Bセット ムービーカラーVer.を購入いたしました。

 

 

 

まずは箱・中身

 

ホワイトグリント&V.O.B・箱

大きな箱!

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・全部品

パーツの数がすごい。

 

オラクルの倍くらいあるかな。

 

メインカラーはキラキラした白(ムービーカラー)。

 

ベースも付いてます。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・デカール

水転写デカールです。

 

ゲーム中のリアルさを再現する為のデカールも細かいです。
(ペン先でこすりつけるタイプでなくてよかった。)

 

何個か貼り付け失敗したのでデカールだけ再注文しました。

 

 

やすり

ばり取り用に使用したダイヤモンドやすり。

 

小さくて使いやすかったです。

 

小さな穴のばりも取れるので便利でした。

 

しかし、後にサンドペーパーを使うようになりました。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・ブックアート

パッケージを紹介したブックアート付。

 

ファシネイターが欲しかったのですが完売との事でした。

 

でも時々再販される商品もあるようです。

 

 

素組み完了・未塗装写真

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

このホワイトグリントは通常版(V.O.B付いてないやつ)を購入して、塗装してもっときれいに作りたいです。

 

その時に完売になってなければいいですね。

 

やっぱりホワイトグリントはかっこいいからなあ。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

実はオーバード・ブーストのACと接続する部分あたりに接続コードみたいのが2本付いていたのですが、折れてしまって2本とも取ってしまいました・・・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

オーバード・ブーストモードに変形できるのですがデカールが剥がれそうなのでやめました。

 

オーバード・ブーストの腕の後ろのブースタのコードはビニールチューブで出来ています。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

 

 

↓販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ホワイト・グリント&V.O.Bセット ムービーカラーVer. 1/72スケールプラスチックキット

塗装に挑戦

(制作日:2012年8月頃〜10月中旬)

 

ホワイトグリント&V.O.Bは、購入/組み立てて三日後に東日本大震災でバラバラに・・・。

 

でも修復して、ずっと飾ってあります。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B
今現在(2012年8月頃)の写真。

 

かなりホコリかぶってますね。。。

 

小さな振動でも、ゆらゆら揺れるので地震探知機にもなる頼もしい奴です。

 

ですが、最近、コレを眺める度に「んー物足りない」と思うようになりました。

 

やはり塗装するようになったからでしょう、という訳で、ホワイトグリント&V.O.B、とうとう塗装する事にしました。

 

今回の塗装で、再現出来る形をキレイに撮影したいです。

 

そして、オープニングムービーにも再現されているキズや汚れ(ウォッシング)も再現してみたいです。

 

塗装開始!

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

まずは頭とコアからです。

 

んー、埃どころか小さいクモの巣まで張ってましたね。。。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

バラバラにします。

 

目立つゲート跡など、サンドペーパーで削ります。

 

もったいないですが、デカールも剥がしていきます。

 

・・・結構、剥がしづらいですね。

 

剥がれる時はちょんと触っただけで剥がれるのに・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

頭がバラせませーん。

 

接着剤で接着してありました。

 

なんて事を・・。

これで頭の塗装が難しくなりました。。。
(頭の部品、ポロポロ取れやすいので、接着したのを思い出しました。)

 

アサルトアーマーを展開する時、目の部品を差し替える必要があるので目の部分は接着してはいけなかったんですよね・・。

 

黒い方の部品から塗ります。

 

しかし、amazonで注文した塗料(マホガニー、パールホワイト)がまだ届いてないです。。

 

入荷待ちですって・・。

 

黒い部品は、マホガニーが、本体の白い部品はパールホワイトが必要なのです。
(今回は正確に色を作りたいので・・。)

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

現在、8月23日ですが、まだ塗料が届かないので目(クリアーブルー100%)だけ先に塗りました。

 

もうそろそろ届く予定なんですが、早く届かないかなあ・・。

 

 

ラッカー塗料

などと言ってる内にすぐ届きました。

 

マホガニーとパールホワイト(ホワイトパール?)のラッカー塗料です。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

片脚をバラし、アサルトアーマー展開用部品(全部黒系)を用意しました。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

まずは頭とコア、片脚、アサルトアーマー展開用部品のそれぞれ黒い部分を塗りました。

 

色は、ブラック、ホワイト、シルバー、マホガニー、パープル(比率6:1:1:1:1位)を混ぜた色です。

 

頭の後ろ角は非常に塗り分けが難しそうですね。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

やはり頭は後ろ角だけでも外さないと塗装はほぼ不可能です。

 

完全に接着されてて外れない〜;

 

頭の先が少しかけた!

 

これはウォッシング処理でうまくごまかすしかないな・・。

 

でも後ろ角は外す事ができました。

 

 

次は頭・コアの白い部分の色を作ります。

 

カラーガイドによると、「ホワイト90%、シルバー8%、コバルトブルー2%を塗装した後、パールホワイトでコート」、と書いてあります。

 

なんか、難しそうだなあ・・・。2%って・・どうやるの・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

青い!コバルトブルーを入れすぎた!?

 

でもパールホワイト上塗りすれば少しは変わるかな・・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

上からパールホワイトで塗ってみたら・・・。

 

まだらで汚い色になってしまいました・・・。

 

シンナー(うすめ液)で色を落としてみましたが、細かい部分が折れていってしまいました・・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

頭も壊れたー><;

結局、もう一つキット(ホワイトグリント&V.O.B)、注文しました・・・。
(塗装失敗して部品を壊した勢いでつい買ってしまいました・・・。)

 

とりあえず、頭とコアの一部の部品とデカールを、新しいキットから代用しようと思います。

 

そして、破損したコアと頭の一部の部品は別の機会に修復し、新しいキットの部品と合わせて、違う感じのホワイトグリントを作ろうと思います・・。
(そうでもしないと、スゴーく後悔しますし・・・;。)

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ
とりあえず先に脚部の塗装を始めました。

 

白部分の色は、ホワイト90%、パールホワイト20%、シルバー10%にしてみたのですが、やっぱり、ちょーっと青っぽくなりますね・・。

 

青なんか入れてないのに・・。

 

 

溶きパテ

目立つ合わせ目をこのパテを使って消します。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

このような目立つ合わせ目を・・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

パテで塗り隠し、ヤスリ、サンドペーパーで平らにします。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

後は色を塗り、合わせ目がだいぶ目立たないようになりました。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

脚部の他の部位にも同じように施します。

 

でも完全には消せませんでした・・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

次は腕部の塗装です。まずはバラします。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

肘のあたり、合わせ目が目立ちますね。

 

後、塗料の汚れもあります。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

まずは、合わせ目にパテを塗って・・・
(一度乾かして計二回塗りました。)

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ヤスリ、サンドペーパーできれいにして色塗りします。

 

だいぶ目立たなくなりました。

 

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ
一応、腕部の塗装は終わりました。

 

墨入れもあるのでまだ組み立てません。

 

既に9月10日になってしまいました。時間かかってますねー・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

次は、肩部を塗装します。

 

左右の突起部分が折れてしまっているので、接着剤で直します。

 

そして、デカールを剥がしてバラします。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

塗装完了。

 

塗り分ける部分がなかったので結構、楽に塗れました。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

一箇所だけ塗り分ける部分がありました。

 

ここはマスキングテープを使って塗装しました。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

さっと塗って、乾いた後、テープを剥がして完了です。

 

ここも問題なく出来ました。

 

 

 

V.O.B
次はV.O.B(バンガード・オーバードブースト)の塗装です。

 

・・これがまた、大変難しそうなんですよねえ・・。

 

塗り分ける所が多くて。。。不器用な私にはできるのか、という感じです・・。

 

写真は、今現在の状態です。

 

 

V.O.B

写真の真ん中の赤円あたりの部分には、本来、パイプのような部品が二本ついています。

 

ですが、一年半前に組み立てた時に折れてしまって、修復もうまくいかずに、取り去ってしまいました・・。

 

しかし、今回はそのパイプ部品も復元したいです。

 

 

V.O.B・パーツ

まず、バラします。

 

色は2色だけなんですけどね・・。

 

 

V.O.B・パーツ

V.O.B・パーツ

ランナーの一部を使って、V.O.B前部のパイプ部品を作ります。

 

ロウソクで熱して、伸ばすのですが、これがなかなかうまくいかずに失敗・・を続けている内に・・。

 

ちょっと慣れてきて、使えそうなのができました。

 

短いのが二本あればいいわけですから。

 

 

V.O.B・パーツ

V.O.B・パーツ

実際の部品とは、かなり形が違いますが、こんな感じで取り付けます↑。

 

ですが、塗装とかしますので、まだ接着剤などでくっつけたりはしません。

 

 

V.O.B・パーツ

次に、白い部分から、一気に塗りました。

 

 

V.O.B・パーツ

塗っている途中で、円筒の部品の合わせ目が結構、目立つと思いました。

 

ですので、塗装し終えたものもありましたが、隠れて見えづらい部分を除いて、 液状パテやサンドペーパー等を使って、合わせ目を消す処理を施しました。

 

当然、塗り終えてしまったものは、塗装し直します。。。

 

 

V.O.B・パーツ

次に、散々先送りしていた?同じ部品内の塗り分けを行います。

 

マスキングテープを貼れる場所だけ貼りました。

 

この作業が、難しいと思うんですよねー・・。

マスキングゾルなんてのもあるようなのですが、プラモ塗装を上手くなさる方は、そういった物も上手く使って作業されてるみたいですね。

 

ですが、この作業さえ終えてしまえば、後はもう、完成したも同然!・・?

 

 

V.O.B・パーツ

V.O.B・パーツ

長い円筒の部品2本を塗装してみましたが・・・失敗!

 

塗料が漏れまくってしまいました。

 

こりゃひどい・・。

 

しっかりテープを止めてなかったみたいですね。

 

これでは、マスキングテープを使った意味がありませんね・・

 

 

V.O.B・パーツ

V.O.B・パーツ

残りの二本のテープは、注意してしっかり貼り付けてみました。

 

・・・今度はそこそこうまくいきました。

 

 

V.O.B・パーツ
そして、ようやく塗り分け部分を全て塗装し終えました。

 

マスキングテープを使用したり、使用せずに塗ったり、ハミ出た部分を何度か塗り直したりしました。

 

それでもあまりキレイな出来とはいえないです・・。

 

次回はマスキングゾルなんかを使用して、もっとうまく要領よく仕上げられる方法を考えたい所です。
(時間かかったー><;)

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

頭部と胴体部の塗装も終えました。

 

結局、塗装の失敗した部品を使ってシンナーで色を落とし、塗り直しました。

 

それと、ブースターと、腰部の一部の合わせ目が目立ったので、やすり、サンドペーパー、液状パテ、接着剤を使って目立たなくしました。

 

頭部も修復し、塗り直したのですが、右のこめかみ辺りにキズが残ってしまいました。

 

これは、墨入れ塗料を使って、被弾した後みたいに見せたいのですが、はたして、上手くいくでしょうか・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・武器パーツ

ホワイトグリント&V.O.B・武器パーツ

残りの塗装は武器です。

 

ヤスリのキズや、なんか、アロンアルファでくっつけた跡で汚れているので、サンドペーパー等で処理をしました。

 

そして、黒50%、マホガニー30%、銀20%で塗装しました。

 

そのまま塗ったくるだけなので、時間はかかりませんでした。

 

これで一応、塗装は、全て完了いたしました。

 

 

墨入れ

 

エナメル塗料

残る作業は墨入れです。

 

墨入れでどこまで見栄えが良くなるかですね。

 

今回はウォッシング(汚れなどを再現する作業)を一部にやってみようかと思います。

 

まあ、練習ですね。

写真の墨入れ用エナメル塗料とエナメル溶剤を使って墨入れ作業を行います。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・パーツ

この部品、背中に付けるのですが、存在すら忘れてました。。。

 

背中の上の方に、穴が空いていたので、あれ、と思ったら・・。

 

さっさと塗装しました・・!

 

 

完成!【ノーマルモード】

 

AC本体の墨入れは終わりました。

 

ホワイトグリント

ホワイトグリント

 

ホワイトグリント

ホワイトグリント

 

ホワイトグリント

ブースターの部分、ちょっとキズ・汚れとかを再現してみました。

 

 

ホワイトグリント

ホワイトグリント

 

ホワイトグリント

まだV.O.Bの墨入れは終わってないです。

 

 

完成!【アサルトアーマーモード】

 

ホワイトグリント

ホワイトグリント

 

ホワイトグリント
目が閉じて、肩がとびでて、膝がとびでて、肘がとびでて、ふくらはぎ8箇所がとびでます。

 

これが、アサルトアーマー使用時の形態です^^。

 

 

完成!【V.O.B(ヴァンガード・オーバードブースト)】

 

V.O.B・・・、塗装も大変でしたが、塗装、墨入れ後の組立も大変でした。

 

あちこち、ポキポキ折れました、というより、ちぎれる感じですかね。

 

シンナーの影響と、後、時間がたって、素材が劣化していたのもありますか・・。

 

すでに、特にランナーから切りはずしたゲート跡がかなり黄ばんでましたので。。

 

時間がかかった割に、あまりキレイにできませんでした・・。

 

ですが、塗り分け、墨入れなど、かなり経験になりました。

 

特に、墨入れなどは、かなり短時間でできるようになってきました。

 

 

V.O.B

V.O.B

 

V.O.B

V.O.B

 

V.O.B

 

 

完成!【オーバード・ブーストモード】

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

変形させる時に、右踵の関節部分が折れました・・。

 

直すの面倒だったー。

 

このような事は塗装後、よくあるのですが、塗料できつくなった関節部分等はちゃんと処理するようにしないといけませんね^^;。

 

ただでさえ塗料でもろくなってますからね・・。

 

 

完成!【ヴァンガード・オーバードブーストモード】

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B
V.O.Bを取り付ける時も何箇所か折れました・・。

 

全くよく折れるなー・・・。

 

しかし、キットを購入してこの形態を初めて表現できました、やったー!

 

 

完成!【ヴァンガード・オーバードブースト接続モード】

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

 

ホワイトグリント&V.O.B

ホワイトグリント&V.O.B

ようやく全部完成ー。

 

ウォッシング処理、あまりできなかったなー・・。

 

終盤、とにかく完成させればいいと思うようになっちゃって・・。

 

 

ホワイトグリント&V.O.B・箱

そういえば、塗装中に一体購入してしまったんですよね・・。

 

全く手をつけずにきれーいに保管してあります。

 

今度作る時はぜーったいキレイに作りたいです!

 

約8000円も出して買いましたから、これ...;

 

 

↓ホワイトグリント&V.O.B販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ ホワイト・グリント&V.O.Bセット ムービーカラーVer. 1/72スケールプラスチックキット

新品価格
¥7,380から
(2019/6/4 20:02時点)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

page top