一七式衛人 白月改 継衛

一七式衛人 白月改 継衛(つぐもり)

(制作日:2013年11月上旬〜中旬)

 

秋葉原の模型店で、テルスを購入した時に、見てたらなんか、シンプルでカッコ良さげでしたので、つい、一緒に買ってしまいました。

 

 

つぐもり・箱

つぐもり・全部品

シドニアの騎士一七式衛人 白月改 継衛(いちななしきもりと しらつきかい つぐもり)
といいます。

 

メーカーはACプラモと同じ、コトブキヤさんですが、他数社のメーカーから、つぐもりのフィギュアも発売されてるんですよね。

 

継衛の人気の高さがうかがえますね!

 

名前は、”継衛”の部分だけ、パッケージには大きく表示されてますので、略して”継衛(つぐもり)”と呼んでいいですよね^^;。

 

シドニアの騎士とは、月刊アフタヌーンで連載されているSF漫画だそうです。

 

今年アニメ化されてるんですねー。

 

なんか、ロボット以外に、異様な生命体とか、怪人みたいのが沢山出てくるような、本格的なSF漫画のようです。
(私はちょっと調べただけで、この漫画を見たことはありません...。)

 

でも、なんか面白そうでした。

 

後、↑の写真は、箱と全部品です。

 

 

つぐもり・説明書

つぐもり・説明書

↑写真は、説明書です。

 

あ、やっぱりアーマードコアの説明書と似てますね^^。
(同じコトブキヤさんだから)

 

コア、ではなく胴体?からの組み立てですね。

 

 

組み立て開始

 

つぐもり・パーツ

最初は胴体からの組み立てです。

 

写真は腰の上あたりの部分です。

 

自分で組み立てていて、どこの部分か よく分かりませんでしたー。

 

 

つぐもり・パーツ

ポリキャップは灰色です。

 

 

つぐもり・パーツ

尻尾(スラスターだそうです)を取り付けました。

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

↑写真は、目の部分です。

 

説明書に「誤ってパーツの一部を切り取らないよう注意」と書いてあります。

 

私も小さいダボを間違えて切り取ったり、時々やってしまいます。

 

 

つぐもり・パーツ

頭完成。

 

なんか変な形・・・。

 

 

つぐもり・パーツ

写真は、胸の脇の部分のパーツです。

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

胴体部完成。

 

長い尻尾型スラスターです。

 

 

つぐもり・パーツ

次は腕部の組み立てです。

 

まずは肩。

 

 

つぐもり・パーツ

二の腕、肘ですが、武器がついていますね。

 

 

つぐもり・パーツ

腕部完成。

 

肘はよく曲がります。

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

脚部の組み立てを始めました。

 

膝もよく曲がりますね。

 

ACプラモに比べて細くてシンプルな脚です。

 

その分、組み立ては非常に楽でした。

 

 

つぐもり・パーツ

足はつま先が飛び出て武器になります。

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

脚部完成。

 

このすっきりした感じが新鮮、且つリアルでかっこいいと思いました。

 

 

つぐもり・パーツ

次は腰部も完成!です。

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

背部の組み立てです。

 

何か、出し入れする仕組みのようです。
(真ん中のパーツが上下に動く仕組みです。)

 

 

つぐもり・パーツ

つぐもり・パーツ

真ん中のパーツ、先っちょが尖がってて触ると痛いです。

 

組み立てる際は、お気をつけ下さい。

 

 

組み立て完成

 

つぐもり

つぐもり

 

つぐもり

つぐもり

↑写真は、武器を持っていないノーマルな状態です。

 

細身で縦長の機体です。

 

後ろ姿がなんか滑稽ですねー。

 

 

つぐもり

腕の部品差し替えで・・

 

これは武器でしょうか?

 

 

つぐもり

これは手の部品の差し替えで再現です。

 

 

つぐもり

これは折りたたんである柄の部分を引き出して、剣先の部分を取り付けて再現です。

 

 

つぐもり
背部ユニットを引き出し、巡航形態にしました。

 

しっかし、立たせづらいです・・・。

 

ベースが欲しい所ですねー;

 

 

つぐもり

正面からの写真です。

 

 

つぐもり・デカール

デカールは、後で塗装するかもしれないので、まだ貼ってません。

 

 

つぐもり

つぐもり

この四足歩行の状態、高重力歩行形態と言うそうです。

 

 

つぐもり・掌位図

つぐもり・パーツ

↑写真のような二機が手をつないだ状態を掌位と言うそうです。

 

シドニアの騎士はほとんど見た事ないから分からなかったですが、きっと作中にこういう状態が出てくるんでしょうね。

 

しかしこの状態を再現するには、継衛2体と、ベース(メカニカルベース フライング3(別売))が必要なんですよねー。
(2体購入はきついなー・・;)

 

 

↓一七式衛人 白月改 継衛 販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ シドニアの騎士 一七式衛人 白月改 継衛 1/100スケール プラスチックキット

新品価格
¥19,668から
(2019/6/4 20:38時点)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

page top