ステイシス

オーメル タイプ-ライール ステイシス

(制作日:2011年10月頃)

 

アーマードコア・フォーアンサーで、ホワイトグリントと戦ったステイシスを購入しました。

 

 

ステイシス・箱

ステイシス・全部品

箱と全部品です。

 

 

ステイシス・説明書

説明書です。

 

今度こそはきれいにつくるぞ。

 

 

 

完成・未塗装

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス

ステイシス

ランナーから外した時のゲート跡の処理が下手ですね。

 

今回は塗装してみます。

 

↓販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス

 

 

ステイシス・塗装開始!

 

ひとつのキットを初めて塗装してみました。
(腕武器だけ塗装経験あり)

 

 

ステイシス

塗装前の写真。

初めに全部組み立てます。

 

次に腕、脚、頭、胴、武器という具合に塗装しやすいようにバラします。

 

付けたり外したりしていると結構ボロボロ取れる部品があるのである程度接着剤で接着しました。
(しかし、後になって外した方が塗装しやすかった部分があって後悔しました・・・・・)

 

 

ステイシス・パーツ

塗装する前にキズがあるかみてみます。

 

私は部品をランナーから取り外すのが下手なので部品にかなりキズをつけてしまいました。

 

 

ステイシス・パーツ

とりわけキズが目立つ部分にだけサーフェイサーを吹きかけました。

 

キズは結構消えたみたいですが、塗装するとどうなのでしょうか・・・。

 

 

今度はどこを何色で塗るかチェックします。

 

説明書に書いてあるカラーガイドのページを見ます。

 

でも、どこが何色かというのは100%分からなかったので、コトブキヤWEBサイトのステイシスの完成品詳細写真を参考にしました。

 

メインカラー:ー色ー%、ー色ー%みたいに書かれてたのですが、どーやって%単位で混色できるのか疑問に思いましたので、インターネットや雑誌で調べて参考にしました。

 

はじめはスポイトで塗料を吸い取って混ぜるのかと思ったのですが、調色スティックというものですくって混ぜるのが一般的のようです。

 

 

塗装するに際して購入するものを決めました。

 

  • ステンレス製の小皿数枚
  • 筆。細いのと太いの3本位
  • ラッカー塗料用うすめ液
  • ラッカー塗料(Mr.カラー)
  • 調色スティック(2本入り)
  • スポイト(5本位)
  • 目玉クリップ(塗る部品毎に挟んで塗りやすく置きやすくする為)
  • マスキングテープ(塗る時他の部分にはみ出さないようにする為)
  • サーフェイサー(スプレータイプ)
  • 墨入れ用エナメル塗料(最後ちょっとすじ入れる為)
  • エナメル用うすめ液

 

 

ラッカー塗料/うすめ液はシンナーが入っているので窓を開けて換気扇を回しました。

 

そして、塗装です。小皿二つ用意しました。一つにうすめ液を入れ、もう一つには塗料を入れます。

 

 

ラッカー塗料

次に説明書のカラーガイドに従ってサブカラー(本体)から調色してみます。

 

ブラック70%、シルバー15%、シャインレッド15%と書いてあるので調色スティックで ブラックを7回、シルバー1回半、シャインレッド1回半てな感じですくって小皿に入れます。

 

調色スティックは色替えの都度ティッシュでふき取ります。

 

 

ラッカー塗料

そして、小皿に載せた塗料と同じ位のうすめ液をスポイトで小皿に入れます。

 

 

ラッカー塗料

筆でよくかき混ぜます。

 

シルバーってなかなか混ざらないですね。

 

塗っていきます。

 

このラッカー塗料は結構早く乾きますね。

問題が発生しました。脚の関節部分の部品が割れてしまいました。

 

左右ともです。濃く塗りすぎたせいでしょうか?

 

ステイシスの場合、割れた部品の所だけABS樹脂でした。

 

他はスチロール樹脂という素材でした。

 

次回からは小さいABS樹脂でできた部品は違う種類の塗料を使うか塗装しない方がいいですね。

 

 

ステイシス

ようやく本体だけ塗り終えました。

 

3週間位かかりました。

 

 

ステイシス・パーツ

ステイシス・パーツ

 

ステイシス・パーツ

ステイシス・パーツ

次は武器、レーダー、スタビライザーを塗装しました。

 

・・・うーん、同じ色を別の日に作り直すと微妙に違う色になっちゃう時があるんですよね。。。

 

これはひたすら経験ですかね。

 

それと、暗い色の部品から明るい色を塗ると色が透き通っちゃってうまく塗れないですね。

 

そこでサーフェイサーが役立つ訳ですね。

 

 

エナメル塗料

最後はスタビライザーの墨入れです。

 

タミヤの墨入れ用エナメル塗料と専用うすめ液を購入しました。

 

これもどうしてもはみ出してしまうんですよね。

 

綿棒でふき取ると塗った溝の所も一緒に落ちてしまうので、乾くのを待ってティッシュをねじってその先にうすめ液をちょんとつけてはみ出した所をふき取りました。

 

 

ステイシス・パーツ

綿棒だとなんかうまくいかなかったですね。

 

結局、何度もやり直したのでなんか汚くなってしまいました。

 

 

ステイシス塗装完了・完成!

 

ようやく完成しました。

 

1ヶ月以上かかってしまいました。

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス

ステイシス

 

ステイシス
・・・なんか、よく見るとかなり雑で汚いですね。よく見なくても雑で汚いですね。。。

 

でも一応完成したので満足はしてます。

 

ー 次回はもっとリアルにきれいに作るぞ!ー 

 

 

↓ステイシス販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ アーマード・コア ヴァリアブル・インフィニティシリーズ オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス

新品価格
¥3,463から
(2019/6/4 20:07時点)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top