マスキングテープを使った塗装について

マスキングテープを使った塗装について

ACプラモの塗装において、細かい部分を塗り分ける事になりましたので、自分なりのやり方を実践し、記述いたします。

 

マスキングテープ使用例

写真の部品の中央の出っ張った線の部分を塗装します。

 

まず先に、メインの色を塗装しました。
(写真の部品は、ヴァンガード・オーバードブーストのものです。)

 

 

マスキングテープ使用例

次にキズつけてもかまわないプラスチック板を用意しました。

 

その上にマスキングテープを貼り付けます。

 

 

マスキングテープ使用例

そして、定規とデザインナイフを使って、貼り付けるのに適当な大きさに切り込みます。

 

 

マスキングテープ使用例

マスキングテープ使用例

デザインナイフ等を使って、切り刻んだマスキングテープの角を剥がします。

 

そして、ピンセットでつまみ取ります。

 

 

マスキングテープ使用例

部品におおよその位置に貼り付けます。

 

そして、先のとがったもの(爪楊枝など)で位置を調整し、押してテープを密着させます。

 

しっかり密着させておかないと、塗装時、塗料がはみ出してしまいます。

使用しているマスキングテープは6mmのタミヤ製のものです。

 

弾力があるので、融通が効いて結構使いやすかったです。

 

 

マスキングテープ使用例

貼り付け完了しました。

 

うーん・・結構、時間かかりますね・・・。

 

この部品の貼り付け作業は裏側にもあり、4つで計8箇所行いました。

 

 

マスキングテープ使用例

さっと塗装します。

 

当然、塗装は楽でした。
(楽でないと意味がありませんものね・・。)

 

 

マスキングテープ使用例

乾いたら、テープをはがしてみます。

 

・・ちょっと塗料が漏れてしまいましたが、そこそこうまくいきました。

 

 

他にもマスキングゾルというものを使ったやり方もあるようですが、 私は使用した事がありません。

 

細かいマスキングは、もしかしたらそちらを使用した方が便利かもしれませんので、今度、試しに使ってみようかと思います。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top