ハングドマン

KT-104/PERUN ハングドマン 再戦Ver.

(制作日:2014年10月〜11月頃)

 

ACV V.I.シリーズ第3弾・ハングドマンを購入いたしました。

 

ACV V.I.シリーズの中で個人的には一番期待しておりました。

 

私はACは、重量級が好きですねー。

 

 

ハングドマン・箱

箱はヴェンジェンスと全く同じ大きさです。

 

 

ハングドマン・全部品

既に組み立て始めてしまってますが、色数少ないですね・・。

 

まあ、ハングドマンは、ほとんど青系色で占められてますけどね。

 

残りの赤系の部分を塗装したい所ですね。

 

 

ハングドマン・デカール

エンブレムのデカールが付いています。

 

以前のV.I.シリーズ(デルタやナインボール等)は部品に直接プリントされてましたね。

 

 

組み立て開始

 

ハングドマン・コア図

最初はコアからの組み立てです。

 

 

ハングドマン・パーツ

コアをちょっと組み立てました。

 

 

コアの組み立てが完了しました。

ハングドマン・パーツ

ハングドマン・パーツ

 

ハングドマン・パーツ

ハングドマン・パーツ

んー!ハングドマンのコア、丈夫ですねー!

 

部品同士がしっかり付いて離れません!

 

重量コア、いいですねー!

 

 

ハングドマン・パーツ
↑しかし、ほとんど単色だから、塗装した方がいいかなー。

 

 

ハングドマン・パーツ

頭部の組み立てが完了しました。

 

他にもオーバードウエポン発動時の頭部も付属しています。

 

 

ハングドマン・パーツ

ハングドマン・パーツ

腕部の組み立てが終りました。

 

 

ハングドマン・パーツ

分厚い装甲ですねー。

 

 

次は脚部の組み立てです。

ハングドマン・パーツ

まずは、脚の部分から組み立てです。

 

 

ハングドマン・パーツ

次は股の部分と・・・。

 

 

ハングドマン・パーツ

股に脚を取り付けて・・・。

 

脚部はここからKT-3N4かKT-3N2/BARGUZINの選択式となります。

 

私はKT-3N2/BARGUZINを選択しました。

 

 

脚部の組み立て完了。

ハングドマン・パーツ

ハングドマン・パーツ

 

ハングドマン・パーツ

ハングドマン・パーツ

 

 

ハングドマン
これで本体の組み立て完成です。

 

 

ハングドマン・パーツ

次は武器の組み立てです。

 

全部で3種類あります。

 

 

ハングドマン・パーツ

初代ACから受け継がれる名銃・KARASAWAもあります^^。
(LR-81 KARASAWA)

 

 

組み立て完成

 

ハングドマン
ガチガチの装甲、いいですねー。

 

ただ色が少なくて地味なので、塗装しないともったいないですかねー。

 

エンブレムは後で塗装するかもしれないので貼りませんでした。

 

 

ハングドマン

ハングドマン

 

ハングドマン

ハングドマン

背中にボーナスパーツを取り付ける事で、ヴェンジェンスのオーバードウエポン・グラインドブレードを取り付ける事ができます。

 

 

ハングドマン&ヴェンジェンス
ヴェンジェンスと比べると、機体もかなり大きいです。

 

それと、ハングドマンって、超合金も発売されてたんですね。

 

 

↓ハングドマン販売サイト(amazon.jp)

コトブキヤ アーマード・コアV KT-104/PERUN ハングドマン 再戦Ver. 1/72スケール プラスチックキット

新品価格
¥9,186から
(2019/6/4 20:15時点)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top